ミレニアル世代・Z世代とは?仕事における特徴と効果的な採用アプローチ

近年よく目にするようになった「ミレニアル世代」、「Z世代」という言葉。2025年には、労働力の半数はこれらに該当する人々になるといわれており、企業がより成長していくうえで彼らとのかかわり方は大きく影響してきます。この記事では、「ミレニアル世代」、「Z世代」と呼ばれる人々の定義や特徴、働く上での価値観、これからZ世代の人材を獲得していく上で効果的なアプローチ方法について紹介していきます。

ミレニアル世代・Z世代とは?

明確な定義は決まっていませんが、おおよそ1980年~1994年ごろに生まれた人々を「ミレニアル世代」と呼びます。「ミレニアル世代」は、主にアメリカにて「Y世代(Generation Y)」と呼ばれている世代と同義であり、その後の1995年以降に生まれた人々を「Z世代(Generation Z)」と呼びます。

「Y世代」「Z世代」という呼び名は、アメリカにて1960年~1974年生まれの人々を「X世代(Generation X)」と呼び始めたことがきっかけとなってつけられました。

日本では、「Y世代」と「Z世代」をまとめて「ミレニアル世代」と呼ぶこともありましたが、徐々にそれぞれが区別されて呼ばれることが定着していきました。

日本ではおおよそZ世代に該当する人々のことを「さとり世代」と呼ぶこともあります。
▽「さとり世代」について、詳しくはこちらの記事もご参考ください。▽

関連記事

みなさんは「さとり世代」という言葉を聞いたことはありますか? 現在就職活動中の学生や、新卒入社した人材などが、まさに「さとり世代」といわれています。 これからの会社を担う人材である「さとり世代」の若者は、いったいどのような人たち[…]

少子高齢化が進む日本においても、2025年には労働力の半数が「ミレニアル世代」、「Z世代」の人々で構成されるようになると予想され、彼らの特徴を知って、より良い関係を築くことは重要な事項です。

ミレニアル世代・Z世代の特徴


ミレニアル世代もZ世代も、インターネットなどのテクノロジーに慣れており、ソーシャルメディアに精通しているという特徴があります。
どちらの世代も、SNSを利用して多くの人とつながることに慣れていて、多様性を尊重する価値観を持つ人が多いです。これは特にZ世代に強くみられ、ファッションやライフスタイルに関して「自分らしさ」を大切にし、人それぞれに違いがあるということに寛容です。
ミレニアル世代は、テクノロジーの進化と共に過ごしてきたこともあり、物事に対する好奇心が強いともいわれています。

SNSに関して、ミレニアル世代では「mixi」「Facebook」など、ある程度みんなが同じサービスを利用していたのに対し、Z世代はSNSの利用がより活発で、「Twitter」「Instagram」「TikTok」など複数のサービスを使いこなし、アカウント自体もコミュニティによって複数持ちをして使い分けしています。Z世代はより多くの人々とSNSでつながることで多方面から情報収集をしており、それと同時に、個人個人が発信力を持つ「インフルエンサー」になり得ます。オンタイムで意見交換をすることに意欲的であるというのも、Z世代の特徴です。

ミレニアル世代は、学生時代や新社会人である時期にテロや地震を経験していたり、労働問題が多く提起されたりしたことから、それ以前の世代よりも社会問題への関心が高い傾向にあります。
情報収集力により優れたZ世代も同じ傾向があり、また、社会貢献といった分野にも強い関心を持っています。オンタイムで問題に対しての意見交換を行うことに対しても意欲的であるといわれています。

金銭面に関しては、将来の不安からどちらの世代も保守的です。高級ブランドの商品であるかどうかよりも本質を重視し、より実用的でコストパフォーマンスが優れている物を選択する傾向にあります。特にZ世代は、インターネットから様々な知識を得ることができる分、オンライン化できない体験・サービスなどの「コト」に消費する傾向があります。

ミレニアル世代・Z世代の働き方

では、ミレニアル世代やZ世代は、働く上でどのような価値観を持っているのでしょうか。5つの価値観を紹介していきます。

プライベートを大切にする

ミレニアル世代やZ世代は、働くことと私生活の充実のバランスを大切にします。近年は、リモートワークやワーケーションなど、プライベートの領域に仕事を融合させるような働き方をする人も増えています。今後労働する年数が長くなっていくことを見据えて、長期的な視点で仕事や自身のキャリアを見据えており、それまでの世代と比べると、休暇を取得してプライベートも充実させるという考えを持つ人が多いです。

安定感を重視する

将来に不安を持ちながら過ごしているミレニアル世代・Z世代は、働く上での選択においても、安定性があるかを重視する傾向にあります。業務に対しての責任感が強く、確実で堅実な働きをしたいという考えから慎重に動きます。

様々な働き方に抵抗が無い

働き方改革により、副業やリモートワークといった多様な働き方が身近になっていることで、それぞれの事情や希望に合わせた働き方に対する抵抗があまりありません。ひとつの会社で年功序列に乗っかっていくという、従来日本企業で一般的であった価値観は、彼らの中では必ずしも理想ではなく、転職することに対するハードルも低い傾向にあります。

キャリアアップに意欲的

将来への不安を抱えながら生きている世代であるため、自分自身の市場価値を高めることや、自分のなりたい姿に近づくことに意欲的です。スキルを身につけるための勉強に時間を惜しまず、自分の理想を追い求めます。現在働いている会社では自分のキャリア形成ができないと感じれば、転職や退職をして自分の中での理想のキャリアを追求します。

オープンなコミュニケーションを求める

これは特にSNSの利用が活発なZ世代の人々に見られる傾向で、会社や上司といった相手に対してもオープンなコミュニケーションを求めている傾向があります。わからないことはすぐに検索して解決してきた環境で育ったため、気軽に疑問点を確認し、解決できるオープンな関係を整えることが大切です。また、公平性や合理性という価値観を大切にしているため、根拠のない言葉や納得のいかない評価を受けることに対する不満感が高いです。

Z世代採用における効果的なアプローチ方法


では、これから新卒採用や第二新卒採用の対象となるZ世代に対して採用アプローチをする際、どのような点を意識していけばいいのでしょうか?

理念を明確に伝える

Z世代の人々は「自分らしさ」を大切にしていますので、自分が持っている仕事観と共感できる企業であるかを非常に重要視する傾向にあります。採用活動において、企業理念をはっきりと打ち出してアピールすることで、理念に合致していると思った求職者の志望度を高めることが可能です。自分のキャリアアップや自己実現に意欲的な人材が多くいますので、理念がきちんと発信されているか、それにならって事業が展開されているか、共感できるか、という点は企業選びに大きく影響します。

SNSの運営

デジタルネイティブと言われるZ世代は、日ごろからSNSを用いての情報収集を行っています。TwitterやInstagramなど複数のSNSで、企業の魅力や実績をPRすることで、よりZ世代の人々にとって身近に感じてもらうことができますし、接点を増やすことができます。拡散力も高いので、きちんと運用することで多くの人の目に留まる可能性があります。ただ、その分継続的なアカウントの運用が必要となり、採用担当者への負担が大きくなってしまいます。

動画コンテンツによるPR

Z世代は、大手新卒就活ナビサイトや企業HPから得る文字の情報だけでなく、YouTubeなどの動画サイトからも情報収集をしています。YouTube内では、「就活系YouTuber」と呼ばれる人々が就活ノウハウを動画にしていたり、企業がチャンネル開設をし、自社の様子や従業員インタビューなどのコンテンツを発信したりしています。Z世代にとって馴染みのある動画コンテンツでの発信は、情報収集におけるハードルを下げ、見てもらいやすくなるだけでなく、すべての人にいつでも同じ質のPRをすることができます。コロナ禍で対面の企業説明会が進めにくい状況の中、動画コンテンツの需要はさらに高まっています。
求職者が企業を比較する上でも、動画コンテンツはわかりやすく、何度も見返すことができるために受け入れられやすいです。

まとめ

「ミレニアル世代」「Z世代」は、近い性質を持っていながらも多くの違いがあります。それぞれの世代の特徴を理解し、各々の価値観を認めていきながら、採用活動をより効果的なものにしていきましょう。

リコメンドリクルーティングに強い「ホワイト企業認定」

企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。

ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。