SNSで採用活動を!「ソーシャルリクルーティング」の活用方法と事例を紹介

新卒採用・中途採用において、SNS上で企業の魅力をPRしたり、採用活動に関する情報を発信したりしている企業を多く見かけるようになりました。デジタルネイティブ世代に対してアプローチする上で、SNSによる採用活動は非常に大きな効果を得られる手法です。

SNSによって採用活動を行う「ソーシャルリクルーティング」のメリット・デメリットや、効果的に活用するために注意するポイントを解説します。実際にSNSを活用している企業の事例もご紹介していきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

ソーシャルリクルーティングのメリット

拡散性が高い

採用活動にSNSを利用する上でまず挙げられるメリットは、SNSの持つ拡散性の高さです。

大手新卒採用サイトなどで求人情報を掲載した場合、もちろんそのサイトを利用している求職者が企業検索をして情報収集をする、または企業側から求職者に対してアプローチをかけていくこととなります。SNSを通じて情報を発信すれば、その投稿に興味を持った人だけでなく、その一人を経由して、友人・知人にも投稿が届くことがあります。

また、ユーザーがフォロー・閲覧しているアカウントから、他に関連のありそうな投稿をタイムラインに流すような仕組みになっているツールも多いです。そうして、就職活動に積極的でない層や、今まで自社のことを知らなかった人々にも興味を持ってもらえる可能性が広がっていきます。

費用が抑えられる

SNSを用いて採用活動を行うと、採用サイトに情報を掲載したり、合同説明会に参加したりするのに比べて、活動に伴う費用を抑えることができます。多くの企業が採用活動に用いている主要SNSはどれも無料でアカウント開設ができ、運用にも費用がかかりません。採用活動にあまりコストをかけられない企業にとって、SNSを活用した採用活動は非常に有効です。

ミスマッチを減らせる

求職者が日常的に使用するSNS上で情報を発信することで、企業をより身近に感じてもらうことができ、様々な角度から企業理解を深めてもらうことができます。また、相互で求職者と繋がり、気軽にやりとりができる状態にしておくことで、エントリーシートや履歴書だけでは掴みきれない求職者の人となりを理解することもできます。そうしてSNSを通じて相互理解を深めることで、その後のミスマッチを減らし、精度の高い採用活動に繋げることができます。

ソーシャルリクルーティングのデメリット

継続的な発信が必要

SNS上には、常に新しい情報が更新され、流れ続けています。一度何かを投稿すればそれでいいわけではなく、継続的にアカウントを運営し、情報を発信し続けていかなくては成果が出てきません。その分アカウント運営の担当者に負担がかかってしまうので、複数人で運営を担当する仕組みにするなどの工夫が必要です。

炎上のリスクがある

SNSで情報を発信することには、その高い拡散性ゆえに炎上のリスクが伴います。何気ない一文が企業にとって大きな損失を生むこともあり得ますので、ネットリテラシーの意識を高く持ち、発信する内容に関してきちんと確認する体制を整えておくことが必要です。

SNS活用の種類

ひとことでSNS採用、ソーシャルリクルーティングといっても、そのアカウント運営にはいくつか方法があります。

まずは、企業の公式アカウントとして、一般の顧客に向けた情報と共に採用情報を発信する運営方法です。ひとつのアカウントを管理すればよいため、アカウント運営に人数を割けない企業におすすめです。

次は、採用専用のアカウントとして運営する方法です。企業説明会についてのお知らせや、選考に関する情報、社内制度などについての情報を発信します。求職者が求めているであろう情報に絞って発信をするので、就職活動のために情報収集をしている求職者からフォローなどのアクションを起こしてもらいやすい形式です。

最後に、企業としてではなく個人としてアカウントを運営する方法です。採用に関する情報に加えて、担当者のプライベートな投稿や考えなども同時に発信することで、担当者に対する親しみが感じられ、身近な印象を持ってもらいやすいアカウントになります。

採用活動によく使われるSNS

続いて、採用活動に用いられることの多い主要SNSについて、その特徴をご紹介していきます。

Twitter

Twitterは、「ツイート」といわれる最大140字の短文・映像・画像を投稿することができるSNSです。投稿が短文に制限されているからこそ、今起きていることを気軽に発信することができ、「リツイート」といわれるシェア機能による高い拡散性をもっています。

国内の月間アクティブアカウント数は4,500万超(2017年10月)と発表されており、中でも若者の使用率が非常に高くなっています。多くの企業アカウントが運営されており、度々話題になるようなアカウントも多く存在します。多くの学生・求職者が日常的に利用しているツールですので、ソーシャルリクルーティングを行う上で非常に使いやすいツールだといえます。

Facebook

Facebookは、全世界での月間ユーザー数が28億人(2020年12月時点)と非常に多く、他の主要SNSに比べても歴史が長いツールです。ですが、国内のユーザー数は2,600万人(2019年3月時点)程度であり、アクティブなユーザー層は30代~40代とやや高めとなっています。

基本的に実名で登録して使用するツールであるため、友人・家族・上司などと繋がることが多く、リアルな人間関係が反映されやすくなっています。そのために、他のSNSツールに比べるとかしこまった雰囲気があるのが特徴です。

投稿機能やメッセージ機能が充実しており、ビジネス利用の目的で使用するのに非常に適しています。

Instagram

Instagramは、文章よりも画像や動画の投稿をメインとしたSNSです。国内の月間アクティブアカウント数は3,300万(2019年6月時点)であり、Twitter同様、10代・20代に多く利用されています。

「インスタ映え」という言葉も一般的となったように、フォトジェニックな投稿が評価されやすく、視覚的に魅力をアピールしやすいツールです。「フィード」といわれる投稿機能だけでなく、投稿されてから24時間で消える「ストーリーズ」機能や、リアルタイムで配信を行うことができるライブ機能なども備わっており、ビジネスアカウントも多く運営されています。

LINE

LINEは、国内では既にインフラ化しているともいえるメッセージコミュニケーションツールです。「LINE公式アカウント(旧:LINE@)」で企業アカウントを運営し、採用に関する情報や選考のお知らせを送信するという使い方をしている企業が多いです。

LINE公式アカウントは、友だち登録しているユーザーに対して、情報を一斉に発信し、プッシュ通知で知らせることができるのが大きな強みとなります。学生からのメッセージを個別に管理・対応することもでき、メールや電話に苦手意識をもつ若い世代にとっても、LINEを通じてのコミュニケーションは気楽に感じてもらいやすい傾向にあります。

Clubhouse

Clubhouseは、2020年3月に米国でリリースされ、2021年1月下旬に入って日本でも大きな話題を呼んだ新生SNSです。ユーザー数は世界で200万人(2021年1月時点)であり、利用している人数はそこまで多くありません。

音声に特化したSNSであり、ルームを作成することで知人と気軽に通話をすることができます。ルームには誰でも入室することができ、会話に参加しなくともいろんな人の会話を聞くことができます。芸能人や大手企業の役員なども続々と利用し始めており、そういった有名人同士の会話を聞くことができるというのがClubhouseを利用する上での楽しみのひとつとなっています。

実際に、軽いセミナーを行うルームや、経営陣が事業戦略について話すというようなルームを開いている企業も見受けられ、今後Clubhouseを用いた採用の可能性は広がっていくかもしれません。

(番外編)YouTube

SNSとは少し外れますが、YouTube上で採用に関するコンテンツを発信することも、これからの採用活動において外すことのできないものとなっています。

特に新卒採用においてターゲット層となる世代(Z世代)は、日ごろからYouTubeなどの動画サービスを用いて情報収集することが当たり前の世代です。動画コンテンツとして求職者に有益な情報を発信することは、文章だけの情報よりもより分かりやすく、非常に効果的です。

また、説明会などでは、説明を担当する者のパフォーマンスやスキルによっても求職者側に与える印象が違いますが、YouTubeにて動画をアップし、視聴してもらうことで、いつでもどこででも同じ質の情報を提供することができます。それぞれのペースで、好きなタイミングで視聴できる状態にしておくことで、倍速で視聴したり、知りたい情報のある部分だけ切り取って視聴したり、という利用の仕方ができ、求職者目線でも企業研究がしやすくなります。

ソーシャルリクルーティングを効果的に行うポイント

ターゲット層に合わせてツールを使い分ける

求めている人材や、伝えたいメッセージに合わせて、運用するツールを選択したり、使い分けたりすることが重要です。それぞれのSNSにはそれぞれの空気感があり、強み弱みがあります。

例えば、Facebookは利用層が高めで固い空気感を持つツールですので、新卒採用よりも中途採用により効果を発揮するでしょう。Twitterは、ユーモアがあり親しみが持てるような投稿が好まれる空気感があり、少しくだけた雰囲気の投稿のほうが拡散されやすい傾向にあります。このように、SNSごとに投稿の内容を考えて運営を行うことで、母集団形成としての効果が発揮されやすくなります。

継続的に運用し続ける

SNSは、一度情報を発信して終わり、ではなく、継続的に運営をし続けることで効果を発揮する性質があります。活動を続けてフォロワーが増えたり、検索で目に留まったりすることで、より多くの人に投稿が届き、拡散力が高まっていきます。継続的に運営することになるため、運営する上での担当者を複数決めるなど、無理なく継続的に運営していける体制をつくっておくことも重要なポイントです。

コンテンツを充実させる

SNS上に投稿をしていればそれでいいのではなく、その内容が求職者にとって魅力的でなければ中身をしっかり見てもらうことはできず、なかなか効果が出にくくなってしまいます。就職活動において有益だと感じてもらえる情報や、企業についてより理解が深まるもの、身近に感じてもらえるようなコンテンツを発信していくことが大切です。

SNSは、共感性のあるものや、有益で、他の人に教えたくなるようなものが拡散されやすい傾向にあります。発信する内容に関心を持ったり、おもしろいと感じたりしてもらえるほど、その投稿が拡散され、「バズる」ことにつながっていきます。

SNSを活用する企業事例(大企業編)

精力的にSNSを用いて採用活動を行う企業の投稿をいくつか紹介していきます。

Twitter:株式会社マルハン 新卒採用【公式】

セミナーの案内などの採用情報に加えて、ビジネス用語についての解説や面接でのポイントなど、求職者がほしい情報を多く発信しています。

Twitter:キングソフト株式会社【公式】

採用に関するイベントやエントリーについてのお知らせを発信しています。オフィスの様子や行っている取り組みなどについて理解が深められます。

Facebook:株式会社ミュゼプラチナム 採用課

Q.悩みを上司や同僚に相談しやすい?💭
▼回答はこちら▼
https://musee-pla-faq.com/work/3404/

山口県の女性からの質問にお答えします。
悩みがある時は上司や同僚に相談しやすいのかどうか、気になりますよね…

株式会社ミュゼプラチナム 採用課さんの投稿 2021年2月16日火曜日

採用にまつわるQ&Aを掲載したサイトへ誘導する形での投稿をおこなっています。

Facebook:株式会社ネオキャリア 新卒採用

皆さん、こんにちは😃⭐️
ネオキャリア新卒採用担当の田代です!

先週お伝えしていた内定者インターン企画【ROOTS】の第1回が開催されました👏
内定者が企画・集客・運営すべてを行う
インターンシップの初回は
30名以上の学生さんが参加して…

株式会社ネオキャリア 新卒採用さんの投稿 2020年12月16日水曜日

他のSNSと連携させながら、採用に関する情報やセミナーのお知らせなどを行っています。

Instagram:てるぴょん(株式会社マケレボ)

公式キャラクターが広報担当として運営している形をとっています。従業員とキャラクターとの対話形式でインタビューを掲載している他、オフィス設備についてなど、社内の様子が伝わる投稿が多くされています。

Instagram:太陽ホールディングス

フィード一覧を見たとき、レイアウトがきれいに整うように調整されており、美しいです。事業についての紹介や、所属契約選手についての情報発信をしています。

SNSを活用する企業事例(中小企業編)

Twitter:ソフテックス新卒採用

研修や社内の様子などに加え、担当者の日常なども発信されています。

Facebook:株式会社KOKADO

【内定者紹介】
KOKADO採用担当です!

今回は内定者インタビュー第四弾です🎤
研修を通して学べたことや成長できたこともあるようで
とてもうれしいです☺️🌱

是非チェックしてみてください💁‍♀️

#KOKADO #コカド #採用…

株式会社KOKADO 新卒採用さんの投稿 2021年2月16日火曜日

従業員インタビューや社内制度などを発信しています。

Facebook:株式会社あつまる新卒採用

\\Who are you🙋‍♂️🙋‍♀️🌟従業員インタビュー//

従業員インタビュー、本日は
入社2年目の「小田 実羽香」さん🧚‍♀️🌟

出身校🎓→福岡女子大学…

株式会社あつまる新卒採用さんの投稿 2021年2月8日月曜日

説明会のおしらせなどに加えて従業員インタビューなどを発信しています。インスタライブやYouTubeLiveなどのツールを利用しての説明会も開催しており、楽しく親しみやすい印象の投稿が並んでいます。

Instagram:【新卒採用】会計事務所サンタックスオフィス

会社についての情報や社内イベントの様子の発信だけでなく、採用担当の方が豆つかみに挑戦するなど、面白い企画も行われています。

Instagram:桐和会採用チーム

インターンシップ・説明会の様子や、内定者インタビューなどを発信しています。

まとめ

SNS採用・ソーシャルリクルーティングは、採用活動において欠かせない手法となりつつあります。うまく活用し、より良い採用活動を目指していきましょう。

レコメンドリクルーティングに強い「ホワイト企業認定」

企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。

ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。