なかつぼ歯科医院の人材育成を強化し顧客満足度を向上させた施策

    歯科医療機関においても労働力確保は課題となっているそうですが、北海道旭川市にあるなかつぼ歯科医院さんでは、課題解消のためにはホワイト化は第一優先事項と考え、人材育成に注力し、顧客のリピーターの確保、従業員のやりがい向上に繋げました。取り組みの内容を中坪政則医院長にお話を伺いました。

    〈 ホワイト財団 レコメンドポイント 〉
    小規模組織である歯科医院は、なかなか人材育成・スキルアップ研修の時間や予算を投じにくく、結果的に技能の偏りがでてサービス低下や離職につながる場合があります。
    なかつぼ歯科医院さんは、自社の強みとするサービス強化のため、定期的な研修実施によって従業員が業務の重要性を認識。より意欲的に業務に取り組むことができ、顧客満足度向上にもつながり、従業員のモチベーション、成長意欲向上のサイクルが生まれています。
    インタビューを通じて、組織の規模にかかわらず、人材育成の実施の重要性を感じました。

    なかつぼ歯科医院さんの特徴的な取り組みを教えてください

    近年虫歯が激減している中、歯周病疾患は蔓延しています。当医院では、その点に着目して充実した技術を来院頂いた顧客へ提供できるよう、人材育成・スキルアップ研修に力を入れており、定期的に歯科衛生士に対して就業時間内で社内研修を実施しています。
    社内研修の実施は、歯科衛生士のスキルアップにもつながり、次第に顧客も外科的手術なく口腔内の改善効果に非常に喜ばれるようになりました。結果、顧客のリピート割合も向上し、メンテナンス回数も増加しました。

    取り組みを展開したことで社内・社外から感じられた効果はありましたか?

    人材育成の強化、社内研修の定期的な実施では、顕微鏡検査・PCR検査を正しくやる方法の取得と、顧客への治療方法やお手入れ方法等、説明の仕方について勉強会を重ねましたが、生産性や顧客満足度向上にも繋がりました。

    ホワイト企業の認定取得を目指したきっかけや目的を教えてください

    歯科衛生士の求人をしても集まらなかった事がきっかけです。歯科医療機関では、労働力の確保が困難な医院が多いです。多種多様な価値観が存在する現代において、ホワイト化は第一優先事項と考えるに至りました。

    ホワイト企業認定取得後に、社内外から得られた効果はありましたか?

    社内においては当院で働くことの他院との違いややりがいを感じているようです。

    コロナ禍でなかつぼ歯科医院さんでの対応を教えてください。

    従業員の感染予防のために就業時間を短縮したり、以前より利用していた手袋、ゴーグルに加え、フェイスシールドを従業員に配布し診療時に着用するようにいたしました。受付にはアクリル板を設置し、感染拡大防止に努めながら治療をしております。

    最後にホワイト化を目指す企業様へ一言お願いします

    明日へ投資しましょう !