『予防⇒発見⇒治療⇒復職/両立支援』の健康推進サイクル制度を構築

    自社のホワイト化に取り組んだ理由・狙いについて教えてください。

    社員の定着率向上が一番の理由です。

    美容業界では、美容師の離職率が1年で50%、3年で80%(※)という統計データもあるほど、美容師の定着率は悪く、安定した将来設計を描きにくい業界と言わざるを得ない状況です。

    そのような業界の中でも、当社では安定的に長きに渡ってそのスキルを発揮してもらうことが、「働く従業員」「雇用する企業」双方にとってプラスになる、という考えのもと定着率の向上のため充実したワークライフバランスの実現と健康経営の推進に取り組みました。

    ※参照:美容師転職サイト モア・リジョブ 2017/9/1 コラム

    ホワイト化について具体的な取り組みをご紹介ください。

    『予防 ⇒ 発見 ⇒ 治療 ⇒ 復職/両立支援』と、従業員のそれぞれのステージで「健康」をサポートするための施策・制度を導入し、健康推進サイクルの構築を行いました。

    特に「予防」の「階段利用キャンペーン」では、従業員の階段利用数に応じて従業員が表彰されると共に、東日本震災地域への卓球台寄付を行うという、健康推進と社会貢献の両立を実現しています。

    また、「復職/両立支援」のために導入した「がん治療休暇」は、がん患者様と日々、触れ合う企業として、従業員の罹患者にも支援を行う、企業の特徴が表れているものかと思います。

     

    その施策、取り組みの効果について教えてください。

    「予防」分野では、 健康増進施策である階段利用キャンペーン「3UP5DOWNウィーク」に、役員を含めた約6割の社員が参加しました。キャンペーンウィーク後も階段を利用する社員が増えました。

    「発見」分野では、 健康診断の再検査費用補助の導入後、実際に補助を利用し、再検査を受診する社員が増えています。この施策が早期発見への動機づけとなっていると感じています。

    「両立支援」分野では、がん治療休暇導入についても、導入後、既に利用実績があり、治療と仕事の両立の一助として認知・活用されています。

     

    上記取り組み導入から実施、成果があがるまでに苦労したポイントはありますか?

    もともと社員にとって有意義な取組みが多いことから、特段苦労したことはありませんでした。強いて上がれば、「発見」の原点である健康診断の受診率が、3年前までは芳しくありませんでした。

    そこで、アナウンスを強化し、また、未受診者の上長に働きかけを続けることで、受診率の向上につなげたことが苦労と言えば言えるかもしれません。

     

    自社のホワイト化に取り組んだ後、社内・社外から感じられた効果はありますか?

    社内で「健康経営」という言葉が認識され、使われるようになったことが、最も大きな効果だと感じます。

    もともと「美と健康と環境の分野において、世のため、人のため、お役に立つ」ことを基本理念としている企業ですが、そこで働く社員自身も「健康」であることが、基本理念に沿った行動であると認識されてきたことが、取り組みの大きな効果ではないかと感じています。

     

    今後の課題・これから先目指す「取り組み」をお教えください。

    今回、評価頂いた取組みは、この1~2年で導入・開始したものが多く、一定の効果は認められるものの、まだまだ、完全に浸透、実行できているわけではありません。

    現状の取組みを一過性のもので終わらせず、この受賞を一つの契機として、更なる認知・浸透・定着に努め、当社の行動理念である「イキイキ ワクワク ありがとう」を実践する社員の集まりとしていきたいと思います。

     

    レコメンドリクルーティングに強い「ホワイト企業認定」

    企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

    ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。

    ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

    一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。
    自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。