有休消化率100%義務化、毎週2日ノー残業日、妊婦社員の時短勤務など、独自制度で作業効率UP

    自社のホワイト化に取り組んだ理由・狙いについて教えてください。

    仕事をさせない環境をつくったほうが、改善やイノベーションが起こると考えました。 長時間労働では社会の変化に対応のできない組織になり、成長が止まってしまうと思い、 徐々にホワイト化を進めていきました。

     

    ホワイト化について具体的な取り組みをご紹介ください。

    常に人員過剰の状態にしています。人員に余裕があるので有給休暇の取得がしやすく、 定時に帰ることができる、働きやすい環境をつくっています。

    また仕事が楽しくてもっと働きたいという社員がいますが、全員が休みやすい環境づくりのため、 モチベーション維持のためにも強制的に有給取得、定時帰宅を遂行しています。有給を消滅させてしまうと始末書の提出が義務であったり、年次毎に定時後会社にいてもよい分数を決めたりしています。

     

    その施策、取り組みの効果について教えてください。

    休みやすい環境が整っているので有給消化率は100%です。 ワークライフバランスが整うことで仕事へのやる気もUPし、売上は過去最高を記録しました。決められた時間の中で仕事を行うことが、社員全員に根付いているので作業効率も向上しています。

     

    上記取り組み導入から実施、成果があがるまでに苦労したポイントはありますか?

    正直、取り組みという感じではおこなっていません。 弊社では「長時間労働はしない」「有給100%消化」が当たり前になっているので、 おこなっていることといえば、休みたくない社員(働きたい人)への声かけ、ルール作りくらいです。

     

    自社のホワイト化に取り組んだ後、社内・社外から感じられた効果はありますか?

     

    今後の課題・これから先目指す「取り組み」をお教えください。

    「世界で最も尊敬される」企業をめざして、成長を続けていきたいと思っています。 弊社が成長することで世界中が豊かになれるよう頑張りたいです。

     

    レコメンドリクルーティングに強い「ホワイト企業認定」

    企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

    ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。

    ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

    一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。
    自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。