関西の人事担当者必見!都道府県が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)まとめ

2019年4月に働き方改革関連法が施行されて以来、中企業では「資金力、余剰人員の問題、何から始めたらいいかわからない」といった課題を抱え、昨今は企業規模ごとに制度改革や取り組みに差が生じています。今後、労働人口の減少、人材の安定的確保などの構造的課題も進行していく状況で、国が推奨する関連法案を理解して実行に移すことに加え、コロナ禍において柔軟で多様な働きやすい職場を整備し、対外的にアピールすることは、今後の人材確保において非常に大切です。

マーケティングの分野では、「直接の利害関係がない第三者による情報は、高い信憑性を獲得しやすい手法」としてウィンザー効果が有名ですが、近年の採用ブランディングにおいて同様の手法で「レコメンドリクルーティング(レコリク)」という名称で取り入れられています。
「レコメンドリクルーティング」とは、「優れた企業がおすすめされる仕組み」を指し、信頼できる第三者機関の評価・表彰を取得し、採用や従業員の働きがい向上のために自社の価値を向上するブランディング施策のことです。

本稿では関西エリア(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)の企業の人事担当者に向けて、「レコメンドリクルーティング」効果のある、都道府県が実施している認定・表彰制度をご紹介していきます。

▽レコメンドリクルーティングについての詳細はこちらの記事もご覧ください。▽

関連記事

2019年4月より日本政府の「働き方改革関連法」が企業規模ごとに順次施行されており、人員配置の見直しや社内規程の整備・改正、運用に伴う関連する従業員への研修、業務や労務の抜本的な改革に多くの企業が取り組んでいます。さらに、新型コロナウイルス[…]

 

大阪府が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

大阪市「女性活躍リーディングカンパニー」認証

法令の遵守に留まらず、「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業を大阪市が一定の基準に則り、「一つ星」「二つ星」の2ランクで認証。さらに、女性活躍推進の取り組みを始めて間もない意欲的な中小企業を対象に「チャレンジ企業」認証も実施し、取組みを支援する制度も導入。

▼「女性活躍リーディングカンパニー」認証(大阪市HP)
https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000299280.html

大阪府「男女いきいき・元気宣言」

大阪府では、「女性の能力活用」「仕事と家庭の両立支援」「男性の育児参加を支援するための取組」「男女がともに働きやすい職場づくり」の4つの取り組みの中でいずれかを実施している企業を「男女いきいき・元気宣言」事業者として登録。

▼男女いきいき・元気宣言(大阪府HP)
http://www.pref.osaka.lg.jp/danjo/ikiiki2013/sengen1.html

 

京都府が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

京都府「京都モデルワーク・ライフ・バランス推進」認証

ワーク・ライフ・バランスに取り組む中小企業を応援するために設けられた京都府の制度です。「宣言」と「認証」の2段階あり、まず取り組む旨の宣言をして、実績をあげると「京都モデルワーク・ライフ・バランス認証」企業として知事の認証を受けることができます。

▼京都モデルワーク・ライフ・バランス推進(京都府HP)
https://www.pref.kyoto.jp/wlbsuisin/

 

京都市教育委員会「OK企業認定制度」

京都市教育委員会が、父親の家庭教育参加を一層推進するため、父親が子育てに参加しやすい職場づくりを積極的に進める市内の企業を「O(おやじの)K(子育て参加に理解がある)企業」として登録・表彰する「OK企業認定制度」を実施。
企業の自発的な取組を促す中で、仕事と家庭の調和の取れた生活(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けた社会機運の醸成を図ることとしています。

▼OK企業認定制度(京都市教育委員会HP)
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000114713.html

京都府障害者雇用推進企業「京都はあとふる企業認証」制度

京都府が障害のある方を積極的に雇用している企業を「京都府障害者雇用推進企業(愛称:京都はあとふる企業)」として認証する制度。認証基準として、事業所の障がい者雇用率が3.0%以上であることと。企業として、障がい者の法定雇用率を達成している事、労働関係法規遵守などがあります。

▼京都府障害者雇用推進企業(京都はあとふる企業)認証制度(京都府HP)
https://www.pref.kyoto.jp/h-ninsyo/h-company.html

 

滋賀県が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

滋賀県「滋賀県女性活躍推進企業認証制度」


「滋賀県女性活躍推進企業認証制度」は、滋賀県が女性の活躍推進に取り組む企業・団体を男女の育休取得率や女性の継続就業、管理職登用への取り組みなど、女性活躍推進取組項目(32項目)を基準に用い、取り組み状況に応じて、『一つ星企業(☆)』『二つ星企業(☆☆)』『三つ星企業(☆☆☆)』の3段階で認証しています。

▼「滋賀県女性活躍推進企業認証制度」(滋賀県HP)
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kurashi/danjyosankaku/11618.html

 

 

兵庫県が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業認定

「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業認定は、多様な働き方の導入や仕事と生活の両立の促進等に特に先進的に取り組んでいる企業・団体を認定している制度です。まず、仕事と生活の調和推進に取り組む事を宣言登録します。登録した後に、12の質問に回答して認定を取得。さらに年に一度、認定企業の中から「働き方の見直し」「仕事と家庭の両立」「支援制度の導入と普及」「多様な人材の活用」の4つの取り組みを対象に審査をし、約10企業を表彰しています。

▼「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業認定(公益財団法人兵庫県勤労福祉協会HP)
https://www.hyogo-wlb.jp/

 

奈良県が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

奈良県「社員・シャイン職場づくり推進企業」

奈良県では、育児・介護との両立や男女が共に働きやすい環境など仕事と生活の調和のとれた、また、雇用の継続や復帰がしやすいなど柔軟かつ多様な働き方などができる職場づくりや女性の就業率の向上など本県の実情に対応した地域雇用の推進、正規雇用の拡大など良質の雇用環境整備に取り組んでいる 「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業」 を登録して企業の取組内容などを県のホームページ等で紹介し、その活動を応援しています。さらに、登録企業の中から、取組内容が優れている企業を表彰する「奈良県社員・シャイン職場づくり推進企業表彰」を実施しています。

▼「社員・シャイン職場づくり推進企業」(奈良県HP)
http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?itemid=27444

 

和歌山県が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)

ハッピーワーカー応援企業

和歌山県では独自の認定制度は設けていないものの、和歌山県で働く女性とそのような働く女性を応援する企業のためのサイトを開設し、サイトに登録・掲載された企業は、和歌山県信用保証協会の「社会貢献応援型」特定社債保証制度を利用できます。

▼わかやま働き方改革応援サイトHappy Worker(和歌山県商工観光労働部商工労働政策局労働政策課)
http://happy-worker.jp/

 

国や民間が展開している人事・労務関連の認定制度(レコリク)もあります

都道府県の実施している認定・認証制度の他にも、国や民間が実施する認定・認証制度いくつか存在します。
共通する点は、「女性活躍推進」「育児支援」「健康経営」「ダイバーシティ」など、それぞれの取り組み状況で審査をし、認定を付与しています。

自社独自で積極的に取り組んでいる取り組みがあれば、様々な認定・認証制度を取得し、自社の人事制度や取り組みが公に認められることで、世の中や求職者へのPR効果、求人活動において競合他社との差別化を見込むことが可能です。
認定・認証制度によって、取得のメリットは異なりますので、自社にあった制度を活用しましょう。

なお、弊財団が展開している「ホワイト企業認定」は、「ワーク・ライフバランス」「健康経営」「ダイバーシティ&インクルージョン」「労働法遵守」など、日本企業が取り組むべき7項目を総合的に評価する国内唯一の認定制度です。

「人事制度の設計途中で、バランスよく取り組めているか自信が無い」
「今後何に取り組んだら良いかわからない」

といった企業は、ホワイト企業認定の審査(所要時間15分・無料)を受けて頂くだけで、自社の取り組み状況を可視化する事ができます。
認定取得を目指して社内のさまざま労働環境や条件を見直してみましょう。

▽ホワイト企業認定審査の詳細はこちらの記事もご覧ください。▽

関連記事

コロナ禍において世界の人々の思考と行動に加え、働く環境も変わりました。その変化にはデジタルツールを活用した場面が増えています。これからのウィズコロナ、アフターコロナ時代の採用活動においては、デジタルを活用した採用PRを強化させなくては優秀な[…]

 

まとめ

認定・認証制度を取得する事で、自社の取り組みを広く認知させることができると共に、求職者へのPRや優秀な人材を採用する事ができる可能性が高まります。
また、現在働いている従業員が自社に誇りを持てる事が出来たり、モチベーションやエンゲージメントの向上、離職を防ぐ事も期待できます。

さらに、今回ご紹介した都道府県が展開する認定制度には、金融機関と連携し、融資において利率の優遇やしている場合や、自治体の奨励金や補助金の優遇措置などもあります。
今回紹介した認定・認証制度にはコストが発生ないので、時間に余裕があるタイミングで取得審査を受けてみましょう!

 

 

レコメンドリクルーティングに強い「ホワイト企業認定」

企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。
ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。