アフターコロナ時代、多様化する働き方における評価制度の課題と注意点とは?

新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、リモートワークを導入する日本企業は増えてきました。
マネジメント側からすると、勤務実態の把握や業務プロセスを目で見て評価を行うことが難しくなり、今後、人事評価制度の見直しは必須事項となります。この記事では、リモートワークにおける評価の課題点や制度構築の注意点について解説していきます!

1.リモートワークにおける評価の課題点

・業務プロセスが把握できない

リモートワークでは業務遂行にあたり、最終目標に至る過程までをリアルタイムで確認することが困難となります。日頃の勤務態度や、取引先や同僚との調整業務、部下や後輩への教育指導などもオフィスワークにおいては評価の対象としていた内容も、リモートワークにおいては評価が難しくなります。

・労働時間の管理、残業の承認ルール

オフィス以外の場所で働くため、業務プロセスが把握できぬまま、労働時間の管理をすることは大変困難です。リモートワークにおける残業を認めるかどうか、残業発生時のルール制定も検討しなくてはなりません

・オフィスや店舗などの勤務者と在宅勤務者の不公平感

出勤の労力を負担するオフィスや店舗などの勤務者と、通勤時間が削減された在宅勤務者の双方が納得できる制度設計になるよう、社内の意識改革や調整が必要です。

2.公平な人事評価を行うための意識したいポイント

・評価項目、基準を明確にする

リモートワーク導入時は、人事担当者や上司も評価方法に慣れず、評価方法が異なる場合も
も発生しますので、会社内でどのような項目で、どのように評価するのかを予め明文化し、決定しておくことも大切です。

・定期的な1on1ミーティングの実施

オンラインツールを活用して、週に1回など面談を実施する機会を設け、業務の進捗状況
を把握しましょう。また、意見や相談しやすい環境を作る事もリモートワークにおいては大切なポイントです。さらに、社員が管理者に対して、自身で成果に至るプロセスをアピールできる機会にもなり、リモートワークでも正しく評価されているか、不安に思う社員を軽減させる効果もあります。

・目標を定めて達成状況を管理する

先述したとおり、述したように、定期的な1on1の実施で、達成状況を確認・評価するようにしましょう。長期的な目標のほかに、短期的な達成可能な目標を設定することがおすすめです。仕事に対するモチベーションを維持していきましょう。
また、リモートワークでは部下の業務プロセスが把握することが難しく、成果物や実績だけで人事評価する事が多くなります。しかし、「いつまでに、何をするか」を明確な目標として設定し、業務スピードを計測するなど、リモートワーク用の評価項目を定めれば、プロセスも評価材料に加えることが可能です。

まとめ

リモートワークの評価は成果主義になりやすいと言われがちですが、明確な目標の設定や定期的な1on1ミーティングを設ければ、業務プロセスも評価材料に加えることが可能です。
また、管理者によって評価基準に相違が発生しないよう、会社としてしっかりと評価項目と基準を設けましょう。

 

 

1.リモートワークにおける評価の課題点

企業のホワイト化を総合的に評価する国内唯一の認定制度

ホワイト企業認定は、“次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、ホワイト企業認定によって取り組みを評価しています。人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。そのような企業を発見、普及する制度です。

ホワイト企業の要件について、1,000社以上の調査実施により企業のホワイト化で取り組むべき70設問を作成。この70設問を7つの項目にわけ、バランスよく取り組んでいる企業にホワイト企業認定を付与しています。

一つの取り組みだけではなく、総合的に判断・評価しているのは、日本の認定組織においてホワイト企業認定のみです。
自社PRに加え第三者組織からの認定を活用しレコメンド効果を得て、採用活動や企業広報にお役立てください。